個別指導 バイト

個別指導塾講師は高時給が狙える!

個別指導の塾

 

高収入、かつ健全なパート・アルバイトと言えば、真っ先に思いつくのが塾講師です。皆さんの中には塾講師と聞くと、教壇に上がって生徒を教えるというイメージがあるかもしれませんが、私がおすすめしたいのは個別指導塾講師のバイトです。

 

個別指導塾では、一般的に先生:生徒が1:2〜3で教えることとなり、先生が一人の生徒に演習をさせている間に他の生徒を教えるというサイクルを繰り返していきます。指導が終わったら、帰る前には今日どんなことを教えて、理解度はどれくらいだったか、次回までの課題等々を報告書に個別にまとめて仕事終了です。

 

塾講師になるには、当然のことながらそれなりの学力が必要となります。よく大学生が教えている塾はダメだと言う人がいますが、主婦の方がブランクがあり、今の教育と違うことをよくよく理解しておく必要があるため、一概にそのようなことは言えません。

 

いわゆる塾講師と個別指導塾の違い

受験対策に精通している大学生なら、生徒は身近な実体験を聞いて参考にすることもできます。塾に採用してもらうためには、塾側の要求と自分の要求がマッチしなければなりません。

 

しかし、無理を言ってあれもできます、これもできますと履歴書に書くのは絶対NGです。途中でやっぱり教えられないとなれば、塾責任者も生徒もその親御さんからもクレームがきます。よって、自分が確実に対応可能なものを決めておくことが重要になります。

 

例えば、学力に自身がないなら小学生のみに限定したり、科目を得意科目のみにしたりと対象を絞ることでそれに見合った採用枠がもらえます。しかし、その場合気をつけておいてほしいのが、小学生だからといって教えるのが簡単なわけではないということです。

 

小学生に上手く勉強を教えるには?

中学生以上になってからなら大人の脳へと発達していくので良いのですが、小学生に角度は何かという概念を教えることができるでしょうか。

 

塾の教室

 

何故分数の割り算の時、割る数は掛け算になって分母と分子が逆になるのか説明できるでしょうか。中には分度器が使えない子や人が読める字を書けない子もいます。何度言ってもできないため、教えるというよりかは躾になってしまう授業は多く見られます。

 

それを頭に入れておいて、こんなはずじゃなかったとならないよう気をつけましょう。最後に、塾講師をやっていて良いメリットは、なんといっても生徒に好かれるということに尽きるでしょう。

 

成績が上がったことも嬉しいのですが、子どもは正直です。好きなものは好き、嫌いなものは嫌いとハッキリしているので、懐かれると自分は必要とされているんだとやりがいを感じられます。

 

 

 

【関連するアルバイト情報】